イラストレーター: 水野 雅己

●作品制作意図
私のさまざまな作品に共通して言える事は自画像を描くようにその内面を描いている。
クライアントの要望や対象物が存在しているからこそ、そこに自分を考え意識する事が
出来るからです。幼少期から母親の影響で絵を描き始め、ファッションの学校では独学
でファッションイラストレーションを学びました。その後にデッサン、 純粋美術 を7
年間絵画活動を行い、そこで経験した技術をファッションイラストレーションに用いて
います。今のイラストレーションについて時代と価値観の変化、絵画芸術、グラフィッ
クデザイン(デジタル)と共にイラストレーションに求められる意味や要素が変化して
いる。クライアントの目的でその求められる価値がボーダーレス、フラットに混じり合
っている。しかしそれは表面的なものであり、そこばかり見ても本質的なものは見えて
こない。私は昔ながらの表現が好きです。抽象的なイメージに具体的な輪郭線を与える
ように考えています。ここで表現した輪郭線はクライアントからのイメージが持ってい
る本質を引き出すための意味です。”その本質”を描く事が私のイラストレーションだと
思います。

●画材/技法
作品にはコンピュータを使っていません。全て手作業でアクリル絵の具をエアブラシと
ローラーで使用しています。ファッション界では毎年新しい生地やテキスタイルが出て
きますが、その素材感を表現する上でコンピュータを使用した方が合理的だと思います
、しかし私的に想いを伝える手法では手描きの魅力には変えられません。

●これまでに影響を受けたアーティスト
Egon schiele. Antonio lopez. Isao yajima. Rei kawakubo(fashion designer)
彼らの仕事の作品からは常に常識を超える時代への挑発、自分自身の挑戦を感じる。

1971年 石川県生
文化服装学院 アパレルデザイン科メンズデザインコース卒業
1997−2002年 絵画活動 独立美術協会を中心にグループ展参加
2003年 個展(ファッションイラストレーション)
2004−2010年 非常勤講師としてファッションデザイン画のレクチャー
文化学園大学、文化服装学院、バンタンデザイン研究所、KIDI Parsons 

 

Illustrator : Masaki Mizuno / Profile

About Work
My work involves the expression of the inner psychology; a self reflection mirrored through art.
In order to express the vision and subject matter of my work,
I find that it is important to extract
ideas from with in my own perspective and senses.

My mother w ho was a painter, influenced me greatly during my childhood.
I then immersed myself drawing illustrations independently while attending
a fashion college.
After graduating, I spent seven years in exploring pure art; a period of my life that had made a tremendous influence on the way I illustrate fashion today.

In order to relate with the dynamics and changes of our society today,
I try to evolve my work through different elements and ideas; conveying a more border-less approach in my work.My interest lays upon using
traditional art techniques; translating a vague,
abstract idea into something concrete and real. I see my work as a way of discovering the quintessence of concept.

Techniques
All my work is analogue,
hand painted with acrylic, air-brush, and rollers. It is true that using digital would be a logical
way to illustrate the new textiles and materials that are created every year;
however I think that there is a genuine charm about analogue art that can never be replaced
by digital technology.

Favorite artists:
i admire the work of Egon Schiele,
Antonio Lopez, Isao Yajima, Rei Kawakubo, and other artists that were intellectually beyond
their time.People that surpassed the norm of society. Thinkers who provoke, question, and
disturb the social belief system.

Birth place: Ishikawa province Japan 1971
Education background: Bunka Fashion College Men's design course graduate
Exhibitions:
Tokyo Art museum: Independent exhibition (Independent Art Organization) 1997-2002
Solo Exhibition
Eros for Fashion at the CWC Gallery Tokyo 2003
Lectures:
Bunka Gakuen University, Bunka Fashion college, Vantan Design Institute, KIDI Parsons 1998-2010